まずはご相談ください!
まずはご相談ください!

[受付]9:00~19:00 [定休日]月曜日 メール・LINEは24時間受付中!

まずはご相談ください!
まずはご相談ください!

[受付]9:00~19:00 [定休日]月曜日 メール・LINEは24時間受付中!

塗装がいいのかな?葺き替えがいいのかな?経済的で遮熱性もアップ!屋根カバー工法もご検討ください!

ホームページをご覧の皆さん、こんにちは。地元の幸せな住まいを守る、塗替え工房ながもち君です。このサイトをご覧になっているということは、屋根リフォームをご検討中のことかと思います。
「メンテナンスといえば、塗装かしら?」「屋根リフォームって葺き替えなきゃいけないから、高いんでしょ?」
そんなあなたに私たちがオススメしたい、第3の選択肢。それは、「屋根カバー工法」です。

下記に当てはまる方 カバー工法がオススメです!

  • 葺き替えよりもコストを安く抑えたい
  • 何度もメンテナンスするのは面倒だ
  • 塗装はできないと言われてしまった
  • コロニアル屋根の家に住んでいる
  • 住宅密集地に住んでいる

塗替え工房ながもち君がカバー工法をオススメする3つのポイント、1 葺き替えするより断然お得、2 塗装よりも遥かに長持ち、3 雨のトラブル抜本改善

1 葺き替えするより断然お得!カバー工法は瓦の撤去が不要。だから低コスト!

1 葺き替えするより断然お得!カバー工法は瓦の撤去が不要。だから低コスト!

そもそもカバー工法とは、簡単にいうと、既存の屋根の上から新しい屋根材をかぶせる(カバーする)工法のこと。
既存の屋根材の解体や撤去、処分にかかる手間がなくなるため、葺き替えよりも工期も短くて済む上に、解体工事費・廃材処理費にかかるコストも安く抑えられます。

施工の手順でみる工期短縮・低コスト

重ね葺き工事カバー工法

重ね葺き工事カバー工法

葺き替え工事

重ね葺き工事カバー工法

ご存知でしたか? 2004年以前に施工された建物の建材にはアスベストが含まれているかも!?

2004年以前に施工された建築物の建材には、アスベストを含んだものがあります。
アスベストを含む建材は、環境への負荷がかかるため解体も難しく、解体費・廃材処理費も高額で、なんと廃棄の費用が葺き替え工事と同じくらいになってしまうことも。

1 葺き替えするより断然お得!カバー工法は瓦の撤去が不要。だから低コスト!

特にコロニアル屋根の場合は、現在使用されているものだとアスベストの有無が判別つかないので、基本廃棄するよう扱っていますから、コロニアル屋根の家にお住まいの場合は特に注意が必要です。
廃材をほぼ出さないカバー工法は、万が一アスベストが含まれる屋根にも適した工法です。「でも、アスベストを含んだ建材でできた家に住んでいて平気なの!?」と思う方もいるかもしれませんが、破壊や粉砕しなければ空気中に飛散することはないので、ご安心下さい。

2 塗装よりも遥かに長持ち!長期的スパンで見たら経済的!

メンテナンスというと、塗装が一番に浮かぶかもしれません。確かに、塗装は価格もリーズナブルなのは間違いありません。しかし、塗装でのメンテナンスには限界があるのです。
屋根がカラーベスト材である場合は屋根材自体の寿命がそれほど長くないので、何度も塗装すること自体が困難です。それ以外の屋根材に関しても、下地が傷んでしまった場合など、最終的には葺き替えをする必要があります。

2 塗装よりも遥かに長持ち!長期的スパンで見たら経済的!

3 雨のトラブル抜本改善!屋根材の下に防水紙を貼るので雨漏りをバッチリ改善します。

カバー工法は、既存の屋根材の上に直接施工するのではなく、元々の屋根の上に防水紙を設置して、その上に新しい屋根材を重ねていきます。
さらに、防水紙を設置する際、上下の防水紙を10cmほど重ねて施工することで、仮に屋根材の下に水分が入り込んでも屋内まで浸入しないので、雨漏りも改善できるのです。

3 雨のトラブル抜本改善!屋根材の下に防水紙を貼るので雨漏りをバッチリ改善します。

遮音性もアップ、遮熱性もアップ。

遮音性もアップ、遮熱性もアップ。

屋根が二重になるので、カバー工法で施工することによって遮音性アップが見込まれます。また、最近の屋根材には屋根材表面を天然石で加工しているものもあり、金属瓦独特の雨音をカットでき、雨の日でも快適に過ごせます。
遮音性、遮熱性以外にも、重量が軽く住宅に負担をかけないもの、保証が充実しているもの、デザイン性に優れたものなど、様々な性能を持つ屋根材がたくさんあります。
ニーズに合った屋根材で施工することも、カバー工法の重要なポイントです。

カバー工法をオススメする理由があります!住宅密集地の屋根リフォーム。ご近所さんへの配慮を侮ってはいけません!

カバー工法をオススメする理由があります!住宅密集地の屋根リフォーム。ご近所さんへの配慮を侮ってはいけません!

外装のリフォームには、自分の住まいだけでなく、近隣にお住まいのご近所さんの生活にも多かれ少なかれ影響を及ぼします。
一軒一軒の間隔が大きい地域ならばまだしも、住宅密集地の場合はご近所さんに与える影響も大きいので、十分な配慮が必要となり、その分の工期や人工代が必要になる可能性があるのです。

  • 足場を組むのが大変!その分工期と人工代が必要
  • 既存屋根材撤去も大変!その分工期と人工代が必要
  • 工事中、埃や音が出てしまう

瓦の撤去が不要なカバー工法が地元の皆さまにオススメなのです!

どんな屋根でもカバー工法ができるワケではありません!

カバー工法は既存の屋根材に新しい屋根材を重ねる工法なので、表面が平らな屋根にはうってつけなのですが、写真のような「瓦」「スレート波板」「金属たて葺き」の屋根には施工できないので、注意が必要です。

  • 瓦・セメント瓦

    瓦・セメント瓦

  • スレート波板

    スレート波板

  • 金属たて葺き

    金属たて葺き

ウチの屋根、カバー工法できない…どうしたらいいの!?

ご安心ください!は外壁屋根のプロ。最適な施工方法をご提案いたします!
  • 塗り替え

    塗り替え

  • 葺き替え

    葺き替え

  • 修理

    修理

ウチの屋根、どうしたらいいの?そう思ったらまずはプロの診断を!